07:00
歌:セKAI NO OWARI  曲:『Dragons の優勝はナイ、と』

(※行進するパ・リーグ各球団)
(※ライターを用意してたき火の準備)
(※アチコチに火をつけ始める)

今宵はセ・リーグ創設初の
全球団沈んで闇が訪れる日
見る価値がないような戦いも
今宵は別の意味でテンションを上げる

『HEY!』

(※END OF THE CENTRALの電飾)
(※何やらワケのわからんことをうめくキヨシ)
(※突如暴れ出すマートン)
(※トルクーヤとかいう変質者)
(※死体のように寝ころぶフランシスコ)
(※ヘンなコアラがヘンなテンションで飛び跳ねる)
(※たき火の中で燃えカスになる『おかえり黒田!カープ優勝するんじゃけぇ』)

セとパふたつの「リーグ」があって
争い合うのは仕方ないのかもしれない
だけど来年は「交流戦」を
減らすべき理由があると思うんだ

(※トランシーバーで助けを求める球団職員A)
(※トランシーバーで助けを求める球団職員B)
(※トランシーバーで助けを求める球団職員C)
(※トランシーバーで助けを求める球団職員D)
(※トランシーバーで助けを求める球団職員E)
(※トランシーバーで助けを求める球団職員F)
(※出動要請多過ぎにつき救助は難航)
(※ひとり大笑いするマイコラスの嫁さん)

ドラゴンズはナイ
ドラゴンズはナイ
ドラゴンズはナイ 弱い
中日は横浜のように沈むだろう

ヨコハマ
ディーエヌエー
ベイスターズ 弱い
中日が定位置にいると邪魔なんだ

(※ゾンビみたいなのがワラワラとうごめく)
(※よく見ると見慣れたセ・リーグの選手たち)
(※「借金が…」「勝率5割が…」「ソフバン怖い…」などのうめき)
(※矢貫と北をジトーッと見つめる原)
(※自分が放火した火事を自分で消火するツバメ風畜生)
(※キャンプファイアーを囲んで六甲おろしの合唱)
(※ヘンなテンションで飛び跳ねるキヨシ)
(※ヘンなテンションで飛び跳ねるコアラ)
(※狂ったようにマエケン体操)
(※トランシーバーでアフレコに臨む落合福嗣)
(※夢を叶えた息子の姿にむせび泣く母親)
(※「俺が監督ならお前をガンダムに乗せる」と男泣きする父親)

今宵はセ・リーグ全球団が
大洋と同じレベルに落ちてきた日
返すあてがない借金を
記念して終戦の証の炎をともす

『HEY!』

ソフトバンクには「正義」がいて
勝てる気がしないのは仕方ないのかもしれない
ソフトバンクの「正義」がきっと
セ界を傷つけていたんだね

(※トランシーバーで助けを求める球団職員A)
(※トランシーバーで助けを求める球団職員B)
(※トランシーバーで助けを求める球団職員C)
(※トランシーバーで助けを求める球団職員D)
(※トランシーバーで助けを求める球団職員E)
(※トランシーバーで助けを求める球団職員F)
(※やってきたのは楽天カードマーン)
(※クゥーッ)
(※トランシーバーの代わりに楽天モバイルをくれた)
(※いらない……)

ドラゴンズはナイ
ドラゴンズはナイ
ドラゴンズはナイ 弱い
中日は横浜のように沈むだろう

ジャイアンツ
トーヨーカープ
ベイスターズ 弱い
中日が定位置にいると邪魔なんだ

ドラゴンズはナイ
ドラゴンズはナイ
ドラゴンズはナイ 弱い
中日は横浜のように沈むだろう

スワローズ
デイリースポーツ
ベイスターズ 弱い
中日が定位置にいると邪魔なんだ

(※人間に向かって火を吹くツバメ風畜生)
(※楽天をクビになった外人をジトーッと見つめる原)
(※8-0から8-8にされてヤケっぱちで飛ぶジェット風船)
(※一時間おきに睡眠剤を飲むキヨシ)
(※焼却炉の中の「前田家の食卓。」)
(※永遠につづく山本昌を囲む夕べ)




◆セ全球団借金獲得記念・大作詐欺映画「犯人は横浜」堂々公開!

歴史に立ち会えた、その喜びで僕は震えています。誰かが勝てば誰かが負ける、だからその総和はいつもゼロである。それが当たり前だと思って生きてきた数十年。僕は知りました。「全球団が借金を背負い、勝率5割の下で誰がよりこっぴどく負けているか」を競い合うプロフェッショナルベースボールが世界にはあることを。セ界は広い!

↓記念にスクショとっとこう!プロ野球史上初めて、セ・リーグ全球団が借金を背負った日の順位表!

Screenshot_2015-07-04-03-19-30

阪神が首位だと思って、

中日が首位だと思って、

巨人が首位だと思って、

DeNAが首位だと思って、

阪神が首位だと思って、

ヤクルトがビリだと思ってたら、

ヤクルトが首位だったwwwww

ヤクルトとかいう仕手株みたいな値動きの球団wwww

どんぐりの背比べ

価格:1,296円
(2015/7/4 05:02時点)
感想(0件)




全球団借金という偉業。コレはセ・リーグ全体で44勝61敗3分の借金17と、交流戦で大負けしたことによるものです。ハッキリ言えば、セ・パ間のごまかしきれない地力の差です。DH制により投打ともに質の高い野球をせざるを得ないパの日常環境だったり、ソフトバンクという球界の盟主の存在であったり、ドラフト改革により在京セ・リーグ球団に集中しにくくなった人材であったり、そこにはいくつもの要因があるでしょう。

しかし、仮にパのほうが頭ひとつセより強かったとしても、例年ならこんな異常事態にはなっていなかったはずです。2010年にはセの59勝78敗9分という借金19の年がありましたし、2013年には史上最大となるセの60勝80敗4分・借金20という暗黒年もありました。それらは今年こさえた借金よりも多いのです。にもかかわらず、セの全球団借金などという事態は生んできませんでした。

そう、表面上の理由だけでなく、真の犯人はほかにいる。

ソフトバンクでも日ハムでも西武でもなく、この暗黒を作り出した真の犯人が。

今年は昨年までより交流戦は1カードあたり1試合減って各球団18試合。交流戦で全敗したとしても作れる借金は1球団あたり最大18です。まぁ全敗はさすがにナイということで、現実的には1勝2敗ペースくらいだと考えれば(※もしもソレ以下がいるなら草野球の誤混入)、作れる借金は1球団あたりたったの6です。6ぐらいなら、何とかなるでしょうよ。4月5月で首位のチームともなれば10ほどの貯金があるものです。借金を6したとしても、まだ貯金が残るでしょう。セの首位がそれなりの責任を果たせば、全球団借金になど追い込まれることはないのです。

そして、もうひとつ。パからの借金がいくらあろうが、それをまとめて引き受けて海に沈んでくれるヤツがいれば、こんな事態は起こり得ないのです。スポンジが泥水を吸い取るように、ギリシャが借金を抱え込んで踏み倒すように、自分の足に自分でコンクリート片を結び付けて横浜港にダイブしてくれる借金請負人が例年のようにいれば、セ・リーグは今年のような事態には陥らなかったのです。

もうここまで話せばお気づきでしょう。例年ならまず起こり得なかった事態を引き起こした真犯人が誰なのか。春先だけ妙に頑張って他球団から集めた「貯金」、そしてセ・リーグ首位という「責任」。例年とはまったく種類が異なる、ふたつの重い荷物を背負って横浜港にダイブした、「セ・リーグ全球団借金」の事態を生んだ真犯人が誰なのか!

↓キヨシ:「俺だよ、オレオレ!」

ホップ:セ球団から貯金を集める(交流戦前は貯金10)

ステップ:全部吐き出して、前の日に喰ったものまで戻す(交流戦後は借金1)

ダイブ:他球団を巻き込んで海にドボン!


↓「おぉ我が古巣巨人よ、一緒に海に飛び込もう!」の精神でセ唯一の貯金を消しにいったキヨシの雄姿!

例年なら「銀行」と呼ばれるチームの裏切り!

貯金を集めるだけ集めて全部スッてくるという、出資金詐欺みたいなやりクチ!

「私に貯金を預けていただければ10倍にしてお返しします」のパターンや!

STOP振り込め詐欺

価格:92円
(2015/7/4 05:10時点)
感想(0件)




このように、DeNAが悪いのです。「セが弱い」という指摘は間違ってはいませんが、正確ではありません。交流戦の借金は例年程度ですし、もっとヒドイ年もあったのです。今年がこれまでと大きく違うのは「DeNAが余計なことをした」という1点に尽きます。DeNAが例年どおり、借金10ほどを背負って交流戦に突入していれば、単にコンクリ漬けのDeNAが勝手に海に沈むだけだったのです。今回の珍事は横浜銀行の裏切りによるものなのです。

3日、歴史を作った瞬間もそうでした。この日の試合でヤクルトが負け、阪神が負ければ「全球団借金」という偉業が達成される。それを知り、DeNAは燃えていました。「ヤクルトは初回5失点か」「うん、負けるな」「あとは俺たちが勝つだけだ!」と。それがあの驚異の粘りにつながったのです。8回表を終えて0-3のビハインド。通常ならば、このまま逃げ切られて終わりという試合展開でした。だが、偉業に向けて燃えるDeNAの、相手と自分のカラダをガッチリ結びつけてダイブする動きは止められない。8回に1点を返すと、9回は阪神の守護神・呉昇桓を攻め立てます。「絶対にコイツらに借金を背負わすぞ」という熱き魂を燃やして!

↓背負え借金!飛ぶぞ道頓堀へ!拒む阪神をガッチリとホールドし、借金のドブへ引きずりこんだ!


阪神逝きましたぁぁぁぁ!!

セ・リーグ逝きましたぁぁぁぁ!!

阪神タイガース、記念の1万試合目で偉業達成!!

道連れ

価格:690円
(2015/7/4 05:12時点)
感想(0件)




もうこうなれば願いはひとつ。ここからの「全球団5割ペース」のみです。この借金と混戦を維持し、シーズン終了時に全球団借金という偉業を達成してほしい。セ・リーグが一丸となって交互に負け合う精密調整。極めて困難な目標かもしれませんが、シーズンを半分以上すぎた段階でできているのですから、やってやれないことはないはずです。史上初の負け越し優勝、史上初の負け越しクライマックス、史上初の負け越し日本一……そんな夢を叶えてほしい。その成否は、DeNA次第です。DeNA以外、そんなしょうもない目標に全力を傾けられる集団はないはずです。頑張れ、いや頑張るな、横浜DeNAベイスターズ!


春先の快進撃もすべてこのための準備だったとは!さすがキヨシ、名将や!