08:00
時間には余裕を持って行動しましょう!

本日はお出掛けの記録です。週の真ん中からお出掛けとは何事だという話かもしれませんが、アレに行ってまいりました。羽生氏推し活動の聖地・銀座は銀座三越さんで行なわれている、雪肌精みやびモイスチュアプロテクトセラムのキービジュアルで使用されたお衣装様の展示会です。僕もこの日が水曜日であることは重々承知ですが、27日から始まるというんじゃ27日に行くしかありません。自分の元気さにヨシと小さくうなずきながら、奮って行ってまいりました。

↓コレで着ているお衣装様、世に言う「若竹の君」とのご対面です!


「お昼休みにランチをしに銀座まで来たぞ…」とハァハァしながらやってきた銀座。ライオン像でおなじみの銀座三越さんは銀座4丁目交差点…いわゆる「銀座ド真ん中」にあります。東京メトロで銀座駅に降り立った僕は、慣れた足取りでA7番・A8番出口あたりを目指します。さすが三越、駅の出口がついている。会場まで迷うことなく到着しました。まぁもっとも「会場に向かう感じの動画を撮っておこう」と思って1回遠くに離れるみたいなやらせ演出も行ないましたが。

↓1回三越にタッチしてからわざわざ遠ざかって引きの写真を撮ります(やらせ)。
P9271466


衣装展示は地下1階のコーセーさんのエリアで行なわれている模様。早速階段で地下に降りますと、店内のデジタル掲示板にはフロアイベントのご紹介として、羽生氏の衣装展開催のお知らせがループで流れています。一緒に流れてきた「ほめられドランクフェス」というものも意味がわからなくて気になりましたが、あいにくこの日の僕には時間がありません。業務に戻らねばならないのです。「ほめられドランクフェスが気になってランチタイムが3時間になりました…」などと言おうものなら怒られゲンコツフェスあたりが始まってしまいかねません。衣装、衣装、羽生氏の衣装一本で寄り道はナシです。

会場に到着するとすでに10人ほどの列が。「むむ、思ったより空いているではないか…」とちょっと嬉しいような寂しいような気持ちになったものの、それはフェイクでした。そこに並んでいるのは「30分区切りのその時間帯」にあてがわれた整理券持ちの方たちだったのです。それを理解した刹那「し、しまったぁー!出遅れた!」などと三越店内でリアル発声しながら係の方に尋ねますと「本日は衣装の撮影のみですか、商品のご購入もされますか」と問われます。

「はい購にゅ…」と言いかけたところで一旦止まる僕。待て待て、確かにマグカップを求めて来たことには相違ないが、何よりもまずお衣装様を撮影しなければならぬ。それに、このフロアでマグカップまでたどり着くの結構ハードル高いぞ。「普段お肌のケアはどういったことを…」「最近は男性の方もスキンケアを…」「こちらのモイスチュアプロテクトセラムは…」から始まるお話をしていただくのも忍びないし、散々聞いたあとで「ハイ、本日はマグカップをペロペロしたいなと思いまして」とも言い出しづらい。とりあえず今日のところは撮影をさせていただいて、マグカップの件はオンラインでじっくり検討することに。

そして渡された整理券を見て驚愕します。そこに記されていたのは数時間後のお呼び出し時間ではありませんか。「撮影はおひとり様2分」と区切られているのに数時間後なのか…?と計算し始めると、入れ替え時間1分としてもひとりあたり3分は掛かるわけですから、30分で回せるのはせいぜい10人というところ。なるほど、数時間後なら早いくらいかもしれません。ちょっとこれはさすがにウンともスンとも言わずに「ランチ離席中(※チャット等で話しかけないでください)」でやり過ごせる長さではありません。一旦業務に戻りまして改めて出直すことにします。

↓こんな感じの整理券をいただきました!三越創業350周年記念ですって!
P9271469 のコピー

大元の三井さんも350年後にこうなるとは夢にも思わなかったでしょうね!

「350年後の人間、キレイだなぁ…」とかウットリしてそう!



ということで、しばし業務などこなしましたうえで、改めて出直してまいりました。時間指定の整理券もあるので案内もスムーズです。逆にスムーズ過ぎて、カメラ出してスマホ出してとかやっている間に「お次の方どうぞ」と呼ばれるくらいのテンポのよさです。一緒に展示されているマグカップなどを眺めつつ、早速本日のメインディッシュである「若竹の君」様と向き合います。

柱を背にするように設置された展示ボックスには、雪肌精の看板とトルソーにまとわせたお衣装様が。衣装を囲うようにアクリル板があり、撮影スペース自体を区切るロープが張られています。店内での展示ということで撮影スペース自体はあまり広くありません。アクリル板からバックステップできる距離は「1歩」といったところ。一眼のデジカメなど抱えていくと、レンズによっては画角におさめきれないかもしれません(※僕の手持ちはフルサイズ換算で24个任后法スマホでの撮影がベストという感じがします。

僕がお衣装様と対面すると係の方は「撮影時間は2分」である旨を告げて、キッチンタイマーみたいなもので時間を計り始めました。「まずは全体的に上から下へと動画で舐めまわして…」と思って正面・左側面・右側面とおさえにいったわけですが、そのときハッと気づきます。「構えて、上から下に舐めまわすだけで10秒くらいかかるんじゃない…?」と。

これまでも「おひとり様2分」で衣装撮影などはしてきましたが、そのときは「再度並び直し」みたいなことをして都合10分とかカメラをまわしていたわけです。しかし、今回の仕組みは整理券によって持ち時間をしっかり区切っておりますので、2分は2分なわけです。もちろん撮影後に再度整理券をいただけば、また数時間後に再挑戦の機会はあるのでしょうが、あいにくこのタイミングではもうすでに本日の整理券は配布終了済み。つまり「この2分は最初で最後の2分」なのです。

「どうしようどうしよう」みたいにアタフタしている間に、係の方から「お時間残り1分でーす」の声が掛かります。いやいや、まだ上から下に舐めまわしただけで鑑賞など何もしておりませんですよ。こりゃ動画など撮っていたら間に合わんと、デジカメに持ち替えまして競馬撮るときみたいな感じの連写モードでカシャシャシャシャシャとやり始めます。しかし、その焦りがよくなかった。「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」精神で臨んだ撮影は、絞りやらホワイトバランスやらの設定が完全にミスっており、若竹の君の「若竹」たるお衣装の緑がまったくとらえられていなかったのです。

↓撮るには撮ったが…?
P9271473 のコピー


↓足元は何となく若竹感があるような気もしないではない…?
P9271482 のコピー


↓スマホで撮った動画から切り出したほうがキレイか…?
MOV_1054.00_01_03_21.静止画007


↓照明との関係でオレンジとか黄色とかが強く出てしまったようです!
P9271472



あとから見返したら、スマホで撮った動画のほうがまだイイ感じで、一眼のほうは「全やらかし」といった手応え。もちろん細部のパーツやら模様やら縫い目やらはクッキリ写っているのですが、若竹感はあまり残っていませんでした。「2分って結構長いつもりでいたけど…」「備えが十分じゃないと何もできないな…」「割り切ってiPhoneかPixelみたいなオート撮影がめちゃめちゃ賢いスマホでいったほうがよかったな…」などと後悔するもあとの祭り。期間限定展示の貴重な2分をいただいたのに、やらかし大反省会となってしまったのです。

聞けばこの日は、こちらの雪肌精さんのキャンペーンでいただけるマグカップ(制作ありがとうございます!)の一部に何らかの不具合があったとかで雪肌精オンラインでのキャンペーン購入について延期のお知らせがあったり、ANAさんで実施したオンラインツアー「機長・羽生結弦の旅路」のアーカイブ配信(アーカイブ配信ありがとうございます!)が、視聴者が一挙到来でもしたのか動画が再生できない事象が起きていたりと、「うまくいかない」運気でも流れるかのような一日だった模様。

しかし、僕は思います。やらなければやらかすことはない、つまり、やらかすとはやったものの勇敢な足跡なのである、と。そこからどう奮起するか、そこに人生のやり甲斐があるのだと。緊急のことながら懸命に「19時までにオンライン注文のキャンセルを!」と呼び掛ける雪肌精さんであったり、「ご視聴いただけなかった時間を鑑み、視聴の期間を14日間から16日間に延長します!」と即決するANAさんであったり、その奮起の様子も含めて思い出だなと思います。

僕も「あのスペースではもっと広角のレンズじゃないといかん」「最初から最後までスマホで撮ろう」「スマホのほうがアクリル板のギリまで寄せやすいし」といった反省を踏まえて、近日中にぜひ再挑戦をしたいと思います。銀座三越さんでは10月3日までの開催ということですのであまり時間はありませんが、若竹が若竹らしい色でおさめられた記念の一枚、何とか確保したいものだなと思います。その際は、前後の時間などを気にせず、これ一本でいけるような集中作業タイムで臨みたいもの。「2分にすべてを出し切る」アスリート気分を出していくつもりです!

↓スマホでまわした動画のほうはほんのり若竹感があるかなと思います!


「残り2分」からでも落ち着いてプレーできる選手たちの凄さ!

「2分50秒」くらいで美と物語を表現する選手たちの凄さ!

アタフタする2分で改めて感服しました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

G.O.A.T 2007〜2023 羽生結弦写真集 [ 坂本 清 ]
価格:4,620円(税込、送料無料) (2023/9/28時点)



新しいスマホ買ったので、試運転で若竹の君に再挑戦できたらいいなと思います!