08:00
ハトも見に来ていました!

今週末は宮城県にて羽生結弦氏の「notte stellata 2024」開催を控えているということで、遠征への準備にも余念がないところですが、その前祝いというか景気づけというか、僕も恒例の広告巡りをして熱気を高めているところです。先日は東京駅新幹線乗り場あたりでのhulu独占配信を告知する広告群を見てまいりましたが、今回は東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードで展開されている雪肌精さんの超大型交通広告を鑑賞してまいりました。

場所としては丸ノ内線新宿三丁目駅から新宿駅へと向かう地下通路となっておりまして、基本的には新宿界隈を徒歩で移動している人たちの通り道となっております。同じ丸ノ内線の隣り合った駅をつなぐようなルートでもあり、通勤通学の時間帯でも人通りはそれほど激しくはありません。東京なのでもちろん人は多いものの、まったく隙がないというほどではないほどほど具合。なので、ときには広告展開と合わせてイベントなども開催されたりします。羽生氏関連では「東京西川さんの布団にくるまる体験をするとポストカードがもらえる」といった体験型イベントが開催されたこともありました。

東京駅では人通りの多さから撮影に難航し、「中央線を舞浜まで伸ばして東京駅での乗り換えナシにしてくれ!」などの心の声もあふれた僕ですが、メトロプロムナードに関してはまぁ比較的ラクな感じであろうと高をくくっていました。しかし、雪肌精渾身のリニューアルを知らせる広告がそんなに生易しいものであろうはずがなかった。現地にたどり着いた僕は通路丸ごと美術館のような壮大な展示と、先の先まで視界が開けた見通しのよさに「くるっくぅ…」と唸ったのでした。

↓一点透視図法の見本みたいな感じの見た目で長く長くつづく広告!
P3061222

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

羽生結弦 「notte stellata」【Blu-ray】 [ 羽生結弦 ]
価格:8,690円(税込、送料無料) (2024/3/8時点)



普段は複数の案件が入り混じって掲出されているメトロプロムナードが、雪肌精一色に染まった美しい光景。メインとなる東京メトロスーパープレミアムセットは、全長約80メートルという壁面に巨大広告を4面セットし、7日間掲出で定価500万円(※ネット調べ)するというホットスポットです。羽生氏はもちろん、新垣結衣さん、盒桐さん、紀平梨花さん、安田祐香さん、吉田優利さんら雪肌精を愛用する皆さんが集い、歩いても歩いても雪肌精という空間を作り出しています。

その4面を使うだけでも十二分に大型案件なのに、今回はさらに通路の反対側にある「東京メトロ新宿メトロツインプレミアムセット」(2面×3ヶ所/7日間使用で定価300万円 ※ネット調べ)と、通路中央にある「東京メトロMCV単駅ジャック新宿駅プロムナード」(10柱×2面/7日間使用で定価150万円 ※ネット調べ)も雪肌精さんの広告が占めています。この空間のすべてをジャックする壮大な展開です。不動産屋基準では徒歩1分が80メートル相当と言いますから、全通行客の心が1分間、雪肌精に占められると言っても過言ではありません。手元画面に夢中の歩きスマホマンであっても、1分間ずっと手元を見てはいられませんので、広告効果は「100%」と言ってもいいでしょう。これだけの展開を気づかずにスルーできるはずがない。

ただ、壮大であるがゆえに、いい感じにこれを記録するのはなかなか大変です。ひとつずつのパネルは正面に立って誰もいないときに撮影するだけなのですが、全体像をクリーンにおさめるには「80メートル・約1分間にわたってほかの通行人と出会わない」という状態を求めたくなります。いかに乗り換え客が少ない通路であっても、大東京の副都心において「1分間誰も来ない」場所などあるはずがありません。人が少ないタイミングを狙って、前後の人とペースを調整しながら撮影に臨む僕ですがなかなかイメージ通りにはいきません。サーフィンでは「波を読む」チカラが大事だと言いますが、「人波を読む」チカラをフル稼働して失敗と再挑戦を重ねます。「うーむ人とすれ違ってしまったな…」「サイネージの映像はできれば羽生氏のタイミングがよかったな…」「ハトが余計だな…」などと理想を追求していく僕は、仕事では決して見せないイイ顔をしていたことでしょう…!

↓まずは撮りやすい正面から!
P3061144


↓左右両面に大判の羽生氏が掲出されていました!
P3060904


↓ちょっと奥行きを見せる感じで斜めに!
P3060926


↓壁面とサイネージの列を一緒に見せる感じで!
P3061116


↓サイネージも真正面から堪能しました!
P3061070


↓コチラは何度か視界を飛び回ってくれちゃったハトです!
P3061074

ハト:「うわーすごい広告だなぁ」
ハト:「飛んでも飛んでも終わらない」
ハト:「おっ羽生結弦選手だ」
ハト:「羽仲間の羽生選手も出てるんだ」
ハト:「羽生選手は羽仲間の誇りだからな」
ハト:「これからも羽ばたきつづけてほしい!」
ハト:「へー、これは雪肌精さんの広告なんだ」
ハト:「雪肌精には男性用はないんだってね」
ハト:「男性も垣根なく使えると」
ハト:「で、雪肌精にはハト用もない、と」
ハト:「つまりハトを区別しないということ」
ハト:「ハトだからと言って垣根はない」
ハト:「ハトにも優しいブランドということ」
ハト:「ええやんええやん」
ハト:「へー、新しい美白のカタチ」
ハト:「甘草由来の美白×肌あれ防止有効成分」
ハト:「ええやんええやん」
ハト:「これはハトも白くなれるかもしれんね」

ハトも立ち止まる美しさ、ということでお願いします!

ハトよ、週末は宮城・仙台まで飛んでいくんだぞ!自力で!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

羽生結弦 「notte stellata」【Blu-ray】 [ 羽生結弦 ]
価格:8,690円(税込、送料無料) (2024/3/8時点)



そして巡りはもう一ヶ所。こちらはすでに終了済みですが、原宿駅の目の前にある@cosme TOKYOさんでのポップストアにも赴きました。原宿駅を降り立てば、目の前の建物の壁面に巨大な雪肌精の広告映像が。頻度は大変なもので、基本的にそれしか流れていないというか、ループを重ねて何度も雪肌精と羽生氏の映像が流れてきます。「いつもこの感じでお願いしたい…」「15分に1回とかだと見逃しそうで緊張するから…」「そして一回見逃すとのぉぉぉぉってなるから…」と早速カメラにおさめる僕。滑り出しは大変スムーズです。

↓大型ビジョンに繰り返し映像が表示されていました!
P2290414


↓何かここだけ見ると駆け落ちの約束をして、窓越しに呼びに来た想い人みたいですね!
P2290435


その後も僕は店の入り口に飾ってあった高さ5メートルくらいはあろうかという巨大なビジュアルを撮影したりして、テンポよく広告展開を堪能していきます。その勢いで店内にも突入したのですが(←心が強い)、ここで思わぬ誤算が。アットコスメトーキョーさんでのイベントは広告がメインではなく、ポップアップストアがメインだということをすっかり忘れていたのです。ていうか、そもそもコスメ屋さんのポップストアがどういうものか、概念としてあまりわかっていませんでした。

店内に入れば、スタジアムの入口みたいな感じで雪肌精のチラシを渡す専門の方が構えています。何となく反射的に避けてしまったところ、僕の前には素敵なお兄さんが。韓流スターみたいな雰囲気でキラキラしたメイクのお兄さんは、あろうことか僕を捕まえにきたのです。「あっ!そういう感じのヤツ!?」と思ったものの、ここで走って逃げるわけにもいきません。見た感じで、このお客がコスメに熱心かどうかはわかりそうなものですが、向こうとしてもまさか「羽生氏推し活の兄ちゃん」が来店するというのは想定外でしょうから、こうなるのはある意味当たり前と言うべきか。

しかも「雪肌精はお使いになったことありますか?」の質問に正直に「はい」と答えちゃったものですから、完全に「コスメや美肌に関心がある人」という認識が深まっていくことに。お兄さんに肌を褒められてちょっとイイ気分になりつつ、リニューアルした雪肌精の説明をしていただいたり、さらには新製品をちょっとお肌に塗って試させてもらったりしてしまいました。顧客としては効能よりもキャンペーン情報のほうが訴求が強いタイプではありますが、新しくなった雪肌精は今まで以上にサラッとしながらしっとりしていてとても気持ちがよかったですし、肌荒れにも美白にもダブルで効くということであれば商品としてもますます魅力的だなと感じました。

↓僕もそのガラス窓の向こうでお兄さんに雪肌精をつけてもらいました!
P2290447


「今日の記念に」などと若干無理目な理由付けで当初の希望であった店内展示の撮影もさせていただくと、最後にはパンフレットとサンプルまでいただいてしまいました。「これがコスメのポップアップストアか…」と存分に堪能させていただき、ちょっとキレイになることもできて、とても気持ちのいい体験となりました。こんなに優しくされるなら、もうちょっと身なりを整えてくればよかったですかね。誰かと話したり触れ合ったりするとは思っていなかったので、張り込み中の刑事もしくは野鳥撮影の人みたいな雰囲気で行ってしまったのは反省です…!

↓新しい雪肌精、とてもいい感じでした!
P2290450


↓新しい美白のカタチ、はじまりそうです!
P2290452


巡りも堪能してエンジンも温まってきましたし、この勢いで週末はいよいよ宮城・仙台へと向かおうと思います。連日深い内容に目を開かされる糸井重里さんとの対談記事や、雪肌精さん配信の「みやびやかなひと刻」サードシーズンの締めくくり、RE_PRAY宮城追加公演の報せなどなど目前の「notte stellata 2024」以外にも目移りするような「激流にのまれていた」状態ですが、激流にのまれ、翻弄される時間に喜びを感じつつ、大いに公演を楽しみたいと思います。

昨年は久々の宮城・仙台入りで観光にもだいぶチカラを入れましたが、今年は会場を味わい尽くすことにフォーカスしていけたらいいなと思います。食べる食べる詐欺でずっとたどり着けずにいる「三角形の油揚げ」も味わえたらいいなと思います。会場に行かれる方、映画館でご覧になる方、ご自宅からhuluで楽しまれる方、一緒に未来への希望を感じられたらいいなと思います。チラッと「仙台駅にデカい広告が出ているらしい」という情報が耳に入っており、「現地で撮れるのか?撮るのか?時間と余力あるのか?」と不安も覚えておりますが、もし写真だけ撮って終わっていたら「うんうん」と見逃してやってください。人波を読む必要があるくらいのサイズだったら、遠征先では十分にこなせないかもしれませんので!

↓頑張って人波を読んできた様子は動画のほうでご覧ください!


80メートル無人はそうそうないんです!

たまにハトも来るし!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

羽生結弦 「notte stellata」【Blu-ray】 [ 羽生結弦 ]
価格:8,690円(税込、送料無料) (2024/3/8時点)



今日の公演に行かれる皆さん!一足先に現地をご堪能ください!