08:00
マスター氷解水アクアリウムの展示を希望します!

残念なお知らせです。ちょっとショックを受けています。先だって申し込んでいた、羽生結弦氏アイスストーリー「GIFT」映像商品の数量限定ボックス、すなわち「氷解水キーリング」の抽選販売で落選してしまったのです。当たらないということはまったく想像していなかったので、昨日18時頃から、僕はドラマで余命を告げられた場面みたいな顔をしています。「え…?」「まさか…?」「私が…?」と若干クラッとしました。久々に「落選メールを見返して、やっぱり落選と確認」したりしました。

まぁ、もともと「数量限定」と言っているものですし、氷解水の残量もさることながら、それを1点ずつ職人さんがガラスの瓶に閉じ込めるという製造工程を考えれば、大量にご用意されるとは思っておりませんでした。ただ、言うても28000円のお品です。ブルーレイだけなら7000円、初回限定のパーカーつきボックスでも17000円ですので、計算上は氷解水キーリングは11000円ということになります。あの夜だけの奇跡の水に値段をつけるのは野暮ですが、単純計算で言えば11000円のキーホルダーです。率直に言って、申し込めば当たるのでは?と思っていました。

しかし、それは完全な油断、考え違いでした。

かのブライアン・オーサー氏も言っています。

「ミスター羽生を見くびらないでくれ」と。

一夜限りのあの夜の思い出を手元に残すことの意味は、甲子園の土が無限の価値を持つのと同じで、多くの人にとってかけがえのないものなのです。甲子園の土は「阪神園芸グラウンドキーパーの土」という名前で15リットル2310円で販売されたことがありますが、その値段で「あの日踏み締めた甲子園の土」の価値を計れるはずなどなかったのです。自分自身もそう思ったからこそ爆速で申し込んだはずなのに、ほかの人も同じ気持ちであることへの想像力が決定的に欠けていました。

そして、この界隈の同士たちはお金を持っているのでした…。僕もまったくナイとは言いませんが、明らかに「うわ…私の年収相対的に低過ぎ…」と感じる瞬間があることは否めません。フラッとヘルシンキとかフラッとバルセロナとか、グッチのボンバージャケットお迎えしました!とか、一発一発のパンチのチカラが違う感じの推し方をできる人が多数見受けられるわけですから、キーリングが単純計算でいくらとかを考えているはずもないのでした。

ライバルは果てしなく多く、

氷解水は限りなく希少だった。

僕はお迎えすることができませんでした…!

非常に残念です…!

↓取り逃がしたレアアイテムみたいに、氷解水キーリングへの想いが残る…!


↓グッチの国内在庫を買い尽くすような人々が、氷解水を買わないわけがなかった…!



もしも僕がこの氷解水キーリングに当選していたなら、僕はそれをしかるべき祭壇におさめて御神酒などそなえ、我が家の守り神となっていただくつもりでいました。そして、ここぞというお出掛けの際には氷解水キーリングを携え、旅の無事とか武運長久とか良縁成就とかそのときどきで必要なことを願うつもりでおりました。不穏な夜には強く握り締め、眩しい朝には太陽に掲げ、大切な人と出会ったときには祝福を分け与える、そんなアイテムとしようと思っていたのです。

何なら、同士たちが集まるアイスストーリーの現場などで「氷解水キーリングパワースポット」的なパネルでも立てまして、「どうぞ触れていってください」「きっといいことがありますよ」「あなたの夢が叶いますように…」などと微笑みかけるイメージさえありました。旅の僧みたいな感じで、ありがたいご利益を世界に届けに行く使命感すら生まれかけていました。

どうも、「あの夜のリンクの水」という設定と、職人が手作りしたガラス瓶の見場のよさと、「氷解水」なるパワーワードとが、作り手が思う以上にコチラには刺さっているような気がします。「甲子園の土」だって最初に「甲子園聖遺土」って書いてあったらもっとありがたい感じになったでしょう?「リンク水」だったら特に何もイメージしなかったものが、「氷解水」だと氷の棺で眠りつづける女神が流した涙の雫みたいな感じがしてしまうのです。しかもそこに「キー」とか「リング」とか魔法っぽいワードがくっついているという総合力の高さ(※「入り」は魔法力低かったのでシレッと外した)。

狙ってやっているのかはわかりませんが、「氷解水キーリング」はコチラにとっては完全に魔法のレアアイテムになってしまったのです。普通にSNSで「聖水」とか呼ばれ始めてますしね(※もちろんイヤらしい意味ではない)。心が感じているわけですよ、神性を。これさえあれば幸せになれるし、奇蹟が起こるし、全部の扉が開くし、戦闘中に使えば氷の召喚獣シヴァが出てきてダイヤモンドダスト吐くし、チカラ尽きた仲間も含めてパーティ全員のHPとMPと状態異常が完全回復する使用回数無限のアイテムなんですよ、もはや!

↓アヤしい水じゃないですよ!この奇跡の夜を演じたリンクの水なんですから!


あと、装備者がチカラ尽きるときに身代わりで砕ける効果もあると思います!

のちに勇者が「あのとき私は魔王の攻撃でチカラ尽きるはずでした。しかし、氷解水キーリングが私の代わりに砕けたのです」とか語るヤツ!



もし、神社仏閣などにお勤めの方で氷解水キーリングが当たった方がいましたら、身勝手なお願いとは承知しつつも、どこかに氷解水キーリングをお祀りいただきまして、拝んだり触ったりさせていただけないものかと思います。あまり神様関係に詳しくないのでやっちゃっていいのかよくわかりませんが、聖剣とか祀っているところもあるんですから、氷解水キーリングがご神体でもいいんじゃなかろうかと思うわけです。僕らがそこに神性を感じるのなら。

そういうのはダメです、神様関係厳しいです、ということでありましたら、公式様にひとつご検討をいただけないものかなと思う案があります。もしも、まだ氷解水を記念にお手元に遺していらっしゃったら、それを職人が作ったガラスのキューブみたいなものにおさめ、あの夜に使用したいくつかのアイテムなどとともに永久に封じたアクアリウムをご用意いただけたりしないものでしょうか。

お手元に残している氷解水がナイのならどうしようもないですが、もし僅かでもあるのなら、それをずっとペットボトルとか梅酒の瓶とかに入れておくのも味気ないでしょう。羽生氏の手元に遺された氷解水は、ただの氷解水ではなく「マスター氷解水」と呼ぶべき特別なもの。「絵を額装する」感じで「マスター氷解水をガラス瓶に封じる」はやられたほうがよいと思います。そのガラス瓶をすごくイイやつにして、キーアイテムとかもおさめ、ロゴを刻印したアクアリウム(というかガラスの柱みたいになるかもしれないが)に仕立てていただければ、それを各地のショーで展示することで多くの人が参拝できるようになるのではなかろうかと。

「最初はキレイに角が立った立方体だったんですが」「お参りの方が撫でることでガラスがすり減りまして」「今はご覧のように球体となりました」みたいな説明などあったら、ありがたみもグンと増してくるというもの。今後のアイスストーリーでも1柱ずつ氷解水アクアリウムを増やしまして、最終的に神殿とすることができたら、文字通りの「聖地」として巡礼も後を絶たないでしょう。実績でご存知のように、僕らはお参りと絵馬が大好きですので、手間と維持管理費が持ち出しになるようなことにはさせないだろうと思います。その柱を模した氷結前水キーリング(簡易版)とかを後付けで作っていただいたりしていもいいかなと思います。

とにかく、このアイテムを取り逃がしたことでトロコン(※トロフィーコンプリート/ゲームで達成すべき目標を全部やり遂げた状態の意)できていない感覚が胸に残っておりますので、何らかの形で氷解水のご利益を授かる機会があればいいなと思います。この奇跡の水のご利益を受けられたら、この先の人生とか抽選とかで、強気にいけるような気がしますのでね。まぁ、大半の氷解水は海に流れて雨になって降り注いでその一部を僕も飲んでるんだとは思うので、「すでに氷解水は我が身に宿っている」と強く信じればいいのかもしれませんが!



「水もしたたるイイ男」ってこうやって生まれた言葉なのかもしれませんね!